美味いお茶

井戸で知っておきたい事

水道水が使わる文化が根付いている今ですが、そんな今でも井戸の使い勝手はあるといえます。井戸には水道水にない特徴があるからと言えます。そんな井戸に関係のあるさく井工事の内容です。

Read more

ビジネスチャンス

温泉開発を成功をさせることが出来たなら大きなビジネスになります。では、どのように温泉開発を行なうかというと、費用が必要になってきますし、事前に土地の状態を調べる必要もあります。

Read more

災害時に役立つ

井戸工事はお金もかかりますが、十分なメリットを得ることができます。しかし業社によって良し悪しもあります。そのため、業社を選ぶ際には慎重に行わなければなりません。

Read more

調査方法の違い

地盤調査の目的は、その地面がどれだけの力に耐えられるのかを調査することにあります。一般的には宅地などで住宅を建設する前に行われるのが一般的ですが、出来れば1年に1回の調査が好ましいと言われています。人間で例えると、土地にとって地盤調査は健康診断と同じだとされています。地盤は地震や周囲の環境で少しずつ変化しており、耐久性も日々変化していると言われています。早めに問題を見つけることで、地盤に対しての処置が行いやすくなります。地盤によって生じる家屋への影響は大きく、場合によっては家を取り壊さなくてはいけなくなることもありますので、地盤調査を定期的に行うことで家へのダメージを未然に減らすことへも繋がります。

地盤調査にはいくつかの方法があり、それぞれメリットとデメリットがあります。例えば、最も多く利用されているスウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる調査では、スクリューがどれだけ沈んでいくかで地盤の強さを調査します。試験費用が安く、建物があっても検査できるというメリットがありますが、調査員によって誤差が出やすいというデメリットもあります。そのデメリットをカバーするために他の地盤調査方法を合わせて行うことでより確かな検査結果を得ることができます。調査費用は少し高くなりますが、スウェーデン式サウンディング試験と合わせて表面波探査法を行うことで、調査員の技量に左右されずより正確な調査結果が得られるというメリットがあります。

Copyright © 2015 地盤調査を行なう時に理解しなければいけない方法を学ぶ. All Rights Reserved.